不動産物件

対処すべき3つのこと

集合住宅

空室率を抑えよう

現在、マンション経営を行なって資産運用をする人が多く居ます。しかし、マンション経営を行う際には、リスクをきちんと把握することが重要です。リスクを把握することで、リスクに適切に対処することができるようになります。把握していないと対処することが不可能であるため、ただ単にリスクに振り回されることになってしまいます。成功するためには、まず知ることが何より重要なのです。マンション経営では、大きく3つのリスクが存在します。1つ目のリスクが、空室です。保有している物件が空室になることは、家賃収入が途絶えることを意味します。家賃収入を得られないことは資産形成に大きなダメージとなるほか、借入金の返済もスムーズに行うことができなくなる恐れがあります。魅力的な物件を保有する、信頼できる管理会社と管理契約を結ぶことで、空室率を抑えることが可能です。

入居者トラブルに備えよう

マンション経営での2つ目のリスクが、入居者トラブルです。入居者トラブルの中でも最も恐ろしいのが、家賃滞納です。家賃滞納は、空室になることよりたちが悪い特徴があります。家賃収入が途絶えるほか、新たに入居者を募集することさえできなくなります。家賃滞納を防ぐためには、何よりきちんと管理してくれる管理会社を選ぶことが有効です。また、弁護士にすぐに相談できる準備を整えておくことも、非常に重要です。マンション経営の3つ目のリスクが、物件の修繕です。新築のマンションを購入したばかりの頃は、修繕をする必要がほとんどありません。しかし、築年数が経つと修繕する必要が出てきます。物件の魅力を高める修繕をしなければならないほか、修繕費を抑える必要もあります。修繕を行わないことや不適切な修繕を行うことは、入居率を低めてしまう恐れがあります。適切な修繕計画を提案してくれる管理会社と管理契約を結ぶことで、修繕に関するリスクを抑えることが可能です。