家

将来まで通用する資金計画

物件

マンション投資を行う際には、管理費と修繕積立金を把握し資金計画を立てることが重要です。平米あたり月額200円を妥当としている国土交通省の推奨金額により、適正相場を把握することができます。管理費と修繕積立金がこれより少ない場合には、将来の値上がりを見込み資金計画を立てるようにしましょう。

Read More...

対処すべき3つのこと

集合住宅

人気のマンション経営にも、主に3つのリスクが存在します。リスクを知ることで、適切な対処を行うことができます。空室と入居者トラブル、物件の修繕のリスクに対処し、安定した家賃収入を得られるマンション経営を行いましょう。

Read More...

投資のための必要な情報

集合住宅

大阪では再開発を背景として、投資マンションの人気が高まっています。賃貸需要も多く、資産価値も高い場所ですが値上がり期待も高まっています。そこで短期売却にとらわれない、無理のない資金計画を立てることが必要となります。

Read More...

投資する方の特徴

不動産

マンション投資においては多くの方が資産に余裕のある方が多いと思われています。しかしながら近年においては、サラリーマンの方が仕事をしながらマンション投資をされることが多くなってきました。中には若いうちにマンション投資をしておいて、老後に備える事を目的としている人も増えてきています。サラリーマンの方ですとお勤め先の優遇されている融資を受けることで、金利を安くできることが可能となります。こうしたことより、少しでも返済額を抑えることも可能となっています。しかしながら若い時からの返済となりますとかなり大変な場合があります。マンション投資は老後のためと考えていても、今の生活を維持しなければ意味がありませんので、しっかりと計画は立てなくてはいけません。

マンション投資をされる方については、かなりの費用が必要となります。年を取ってからマンション投資を行う場合はよほど計画を立てながらしなければいけません。そうでないと場合によっては借金を抱えてしまうことになるからです。マンション投資についても、近年においては多くの需要があるので良いですが、年数を重ねますと新しいマンションに人気が集中して空き部屋などが出てしまい、その分収入が減ってしまう可能性だって出てきてしまいます。そうならないためにも、日頃からの維持管理は常に行って綺麗にマンションをしておかなくては行けなくなります。口コミなどで評判は直ぐに広がることとなりますので、維持管理には気をつけておかなくてはいけません。そうすることでマンションに居住する方は維持できると思います。いまは管理会社もあるので、そこに委託して維持を行なっていくことも出来ます。